初めて会社設立をする時は – 会社設立の流れって?

HOME » 会社設立の流れ » 初めて会社設立をする時は

初めて会社設立をする時は

起業がブームとなっており、サラリーマンだけでなく主婦の方も会社を起こして成功しています。
政府の後押しもあるので、「自分も会社を!」と考えている方も多いでしょう。
ただおそらく多くの方は、会社設立は初めてかと思います。
でも初めてだからこそ、慎重になるべきです。

会社という形になれば、社会的な信用が得られます。
信用があれば、ビジネスチャンスも大きく広がるでしょう。
しかし、会社設立は想像以上の経費がかかります。
会社を起こして大成功をおさめた人もいますが、大失敗して赤字になる方も大勢いらっしゃいます。
色々原因はありますが、最も大きいのは安易な会社設立でしょう。
確かに今は起業ブームとなっているものの、ブームに乗せられて会社を起こすと後で痛い目に遭うのがオチです。

会社経営が成り立たず廃業となると、人生に取り返しのつかないダメージを受けてしまいます。
金銭的なダメージだけで済めばいいのですが、これまで築き上げてきた”信頼関係”も崩れてしまうでしょう。
会社設立に貢献してくれた人との縁・目的達成の為に力を貸してくれた人、そして大切なお客様を裏切ることにもなります。
またご自身の評価についても「会社を続けられなかった駄目な人」と烙印を押されてしまい、次に進むことは難しくなります。
会社を1つ作り上げるには、想像以上のデメリットがあるのを肝に銘じておいて下さい。

会社設立は”会社の形”にもよるので一概に言えませんが、意外と簡単に出来ます。
でも会社を作る前に、考えて頂きたいのは「本当に会社を作る必要があるのかどうか」です。
会社設立は、人生のビッグプロジェクトと言っても過言ではありません。
法人化すると様々なメリットが得られるのは紛れもない事実ではありますが、利益を得るだけならば個人事業でも出来ます。
どうして会社を作るのか・作った会社で何をしたいのかを十分過ぎる程良く考えるようにして下さい。
そして十分に考えた上で結論を導きだし、行動に移すようにしましょう。