税理士の選び方 – 会社設立の流れって?

HOME » 会社設立の流れ » 税理士の選び方

税理士の選び方

会社設立が完了すれば、次は信頼のおける税理士探しです。
会社は法人税を始め様々な税金を支払わなければならないので、税理士の力が必要不可欠となります。
しかし”変な税理士”と契約してしまったが為に、酷い目に遭ったという経営者は数多くいらっしゃいます。
ではどういう点に気を付けて、税理士を選べば良いのでしょうか。

まず重要なことは、顧客の立場になって考えられる税理士かどうかです。
残念ながら上から目線に立ち、顧客のことは一切考えていない税理士は存在しています。
でも中には顧客の立場に立ち、会社の為に力になってくれる人もいます。
少しでも税金を安く・効率よく納める為にも、信頼のおける方に頼むようにして下さい。

もちろん料金そのものも、税理士を選ぶ上で大きなポイントとなります。
一昔前、税理士に頼む時にかかる料金は曖昧なものでした。
儲かっている企業からは高い金額を請求していた人も、現にいらっしゃいます。
だから税理士と契約を結ぶ前には、料金をしっかり提示してくれるかどうかを確認するようにしましょう。

そして税理士に任せるのならば、節税対策もしっかり行ってほしいものです。
ただ節税そのものは、税理士の仕事ではありません。
法律にも「適切な納税を支援する」とはなっていますが、「節税に協力しなさい」とは決められていないのです。
でも本音としては、1円でも税金を節約したいものです。
だから実際に税理士に相談する際には節税について切り出し、どのような反応を示すのか見定めるようにして下さい。
また会社を設立すれば、役員報酬も考えなければいけません。
役員報酬の設定を少しでも間違えてしまうと、支払う税金は想像よりも多くなってしまいます。
でも良い税理士と契約すれば、利益に対して適切な役員報酬額を割り出してくれます。

他にも、見ておくべき点は色々あります。
税理士は会社の命運を左右する存在なので、絶対に妥協は許されません。
税理士は数多くいらっしゃるので、この人と思う人に頼むようにして下さい。