会社設立代行サービスについて – 会社設立の流れって?

HOME » 会社設立の流れ » 会社設立代行サービスについて

会社設立代行サービスについて

会社設立までには時間と費用はかかり、手続もかなり面倒です。
そこで利用したいのが、代行サービスです。
ネットを少し検索するだけでも、多くの代行サービスのサイトがヒットするかと思います。
ではどのような会社が代行サービスを手掛けているのか、簡単ではありますが取り上げてみます。

会社設立代行でよくネットで見かけるのが、税理士が手掛けている代行サービスです。
会社には税金を始めとする様々なお金が複雑に絡んでいるので、素人が安易に手を出してしまうととんでもないことになってしまうのがオチです。
でも税理士に任せれば税金だけでなく、会計も手掛けるので安心出来ます。
ただし嫌な税理士と契約してしまうと、付き合いが長くなるので精神的に厳しくなるでしょう。
もし設立代行を頼む際には、慎重に選びたいものです。

司法書士が、会社設立代行サービスを承っている所もあります。
司法書士は会社設立のプロセスをほぼ承ることが出来るので、会社設立者の負担も軽くなります。
また行政書士と連携をとっている司法書士も多く、許認可申請が必要な業種をと考えているのならば、利用しない手はありません。
ただし税金の知識はあまりないので、節税を考えているのならば別に税理士に相談した方が良いでしょう。
また登記手続きだけに特化した司法書士もおり、会社設立に対して協力的でない方もいらっしゃいます。

一般企業が、会社設立代行サービスを行っている所もあります。
専門的な知識を持っている人はあまりいらっしゃいませんが、提携を結んでいる司法書士・行政書士・税理士はいらっしゃいます。
またサービス業である意識が強いので、対応に関しても申し分ありません。
ただ”企業”なので、余分なサービスを売り込まれる恐れがあるので要注意です。
もし一般企業に頼むのならば、毅然とした態度で臨むようにした方が良いでしょう。

会社代行サービスには、それぞれにメリットとデメリットがあります。
もし利用するならば、自分に合った所を選ぶようにして下さい。