会社設立のお祝いメールの書き方 – 会社設立の流れって?

HOME » 会社設立の流れ » 会社設立のお祝いメールの書き方

会社設立のお祝いメールの書き方

 

会社設立の一報を受けた場合、お祝いのメールを送るのが通例です。
もちろん、電話によるメッセージが主流だったのですが、近年は忙しいということも多く、メールの方が喜ばれることも多いです。
特に会社設立の時はまだまだ事業が軌道に乗っていないこともあるなど、相手のことも考慮しなくてはなりません。
そのため、電話でお祝いの言葉を受け取っていては、切りがないのです。それならば、いつでも読むことができ、いつでも返信することができるメールの方が良いとも言えるでしょう。

ぜひ、会社設立の際には、メールを送るようにしてください。
ただ、メールとは言っても単純にメッセージを送れば良いというよりは、しっかりとルールやマナーを守っていくことが重要となります。
そこだけはしっかり考えて、その上で送るようにしてみてはいかがでしょうか。
この手のお祝いは、相手のことをいかに考えられるかどうかが重要となるでしょう。

会社設立のお祝いメールの書き方ですが、まずは最初に挨拶から入り、そこからお祝いのメッセージに入っていくのが普通です。
最後にはその会社に向けての激励などを添えておくと、より良いメッセージになるのではないでしょか。
まずはしっかりと伝えてみて、その上で相手がどのような受け取り方をするのか考えてみましょう。
もちろん、会社設立の時には忙しいこともあって、なかなか返事ができないこともあります。
それでもちゃんと送っておくことがマナーです。

社会のルールとしては、会社設立はとても喜ばしいことなので、その点についても触れておくと良いのではないでしょうか。
ちなみに、メールの返信がないからといて、何度も送るのはルールやマナーとしてはよろしくありません。
相手の状況もあるので、しっかり返事が返ってくるのを待っておくことが重要です。

ちなみに、メールの返信に関してもマナーやルールを守ることが必要です。
お祝いメールをいただいた場合には、最低でも3日以内には返信するようにしてください。

もちろん、理想としては受け取った日に返事を書くことが重要です。
その他、近年はメールでお祝いされ、電話でお礼をするということもあります。

正解というのはないので、誠意ある対処をしていくことが必要となるでしょう。
忙しいとは思いますが、お祝いは重要なものとなります。
それは祝う側も祝われる側も同様です。
そこをしっかり考えられるかどうかで、今後の活躍にも影響してくるでしょう。